未分類

映画「ロング・トレイル!」を見る

Akimasa Net >> 広島湾岸トレイル

映画「ロング・トレイル!」(2015年米国)の上映が、2016年7月30日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて始まりました。私はこの映画を広島で見ました。2016年8月5日(金)12:40、八丁座(劇場弐、B-10)・・・福屋八丁堀本店8階(広島市中区)

アパラチアン・トレイル(Wikipediaより)

映画の舞台となっているのは、北米の三大ロングトレイル(長距離自然歩道)の中の一つとして最も有名なアパラチアン・トレイルです。

アパラチアン・トレイルの全区間が最初に踏破されたのは1937年である。
現在では、毎年、約2,000人がスルー・ハイキング(thru-hiking、トレイルの全区間を1シーズン内に踏破すること)に挑戦する。多くのスルー・ハイカーは、雪の残る北部を避け、春に南端のジョージア州スプリンガー山を出発し、メイン州のバクスター州立公園(Baxter State Park)が閉鎖される10月15日までに北端のカタディン山のゴールをめざす。しかし、成功するのは挑戦者のうちわずか10%ほどにすぎない。
要した期間にかかわらず、全区間を踏破した者は、総延長が2,000マイル余りであることに因んで2000 Milerと呼ばれる。踏破を目的としない者も含めたアパラチアン・トレイルへの年間訪問者は約400万人に及ぶ。(Wikipediaより、2016/08/08閲覧)

北米の三大ロングトレイル

  • AT(Appalachian Trail、アパラチアン・トレイル)
  • PCT(Pacific Crest Trail、パシフィック・クレスト・トレイル)
  • CDT(Continental Divide Trai、コンチネンタル・ディバイド・トレイル)

ATは、アメリカ合衆国東部のアパラチア山脈に沿って、南北(北東/南西)に縦貫する長距離自然歩道(全長約3,500km)です。南端のジョージア州から北端のメイン州まで14州にまたがっています。3大トレイルの中では一番整備されており、一番歩かれているトレイルです。

PCT(Pacific Crest Trail、パシフィック・クレスト・トレイル)は、アメリカ西海岸のメキシコ国境からカナダ国境まで南北に縦走する長距離自然歩道(全長約4,260km)です。

CDT(Continental Divide Trai、コンチネンタル・ディバイド・トレイル)は、おおまかには北米大陸分水嶺に沿って、メキシコ国境からカナダ国境まで南北に縦走する長距離自然歩道(全長約4,500km)です。

映画「ロング・トレイル!」あらすじ

映画のあらすじなどを、「ロング・トレイル」解説(http://eiga.com/movie/82938/)で確認してみましょう。

名優ロバート・レッドフォードが主演・製作を務め、北アメリカ有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破を目指すシニア男性2人組の旅を描いたロードムービー。欧米で人気の作家ビル・ブライソンが実話をもとにつづった著書「A Walk in the Woods」を、「だれもがクジラを愛してる。」のケン・クワピス監督が映画化した。かつて紀行作家として世界各地を旅したビルは、現在は故郷で家族と共に穏やかな毎日を送っていた。そんな日常に物足りなさを感じたビルは、全長3500kmにおよぶ アパラチアン・トレイルを旅することを思いつく。40年ぶりに再会した破天荒な友人カッツと一緒に出発したものの、予想外のハプニングが次々と2人の身に降りかかる。主人公の旅の相棒カッツ役を個性派俳優ニック・ノルティ、妻役をオスカー女優エマ・トンプソンがそれぞれ演じた。(2016/08/08閲覧)

映画そのものは、コメディタッチでそれなりに楽しめる内容です。また、壮大な森や森の中の風景が幾度となく映し出され、山好きにはたまらない映画になっています。ところで、そうした森や森のなかの雰囲気が西中国山地とよく似ているような気がします。

映画「ロング・トレイル」の舞台アパラチア山脈と西中国山地は雰囲気がよく似ている

北米(特に東海岸のアパラチア山脈)と東アジア(西中国山地を含む日本列島から中国内陸部にかけて)は、共に夏緑樹林帯(落葉広葉樹林帯)に属しています。そしてこの両者には、実は多くの植物で共通して出現する種のあることが知られています。つまり、飛び離れて分布(隔離分布)しているのです。(東亜―北米要素)

さて、北半球の夏緑樹(落葉広葉樹)の代表ともいうべき植物はブナです。北半球のブナ帯には、前述のアメリカ東部、日本から中国内陸部にかけての一帯に加えて北西ヨーロッパがあります(合計三箇所)。

私は、自著『細見谷渓畔林と十方山林道』(2007年)pp.114-115「落葉広葉樹林の代表 ― ブナの森」の中で、アパラチア山脈について勉強しました。その中で、私は河野昭一・京都大学名誉教授(植物学)の論文を引用しています。

この3つのブナ帯は、第3紀起源の遺存的な暖温帯性植物の分布域としても極めてよく知られている。とりわけ、日本列島から中国内陸部へ拡がる、ブナを主体とする落葉樹林帯が分布する地域と、アメリカ大陸東部の氷河期に多くの温帯植物の避難場所(refugia)となったアパラチア山地を中心とする落葉樹林帯には、数多くの暖温帯、冷温帯の遺存種の分布の中心がある。(河野p.67)

清水善和p.24は次のようにまとめています。「」内の引用も同様。

化石の研究によれば、新生代の古第三紀は地球全体が温暖で、当時の北極をとりまく地域には温帯性の落葉広葉樹林(現在の夏緑樹林の元になる植物群)や針葉樹との混交林が成立していたとされ、これらの構成種を第三紀周北極要素という。ところが、その後、地球は急激に寒冷化の方向に進み、この植物群は分布を南方へと移動させた。移動先は大きくみて、ヨーロッパ、東アジア、北米の3か所である。(清水p.24)

第四紀になると寒冷化が一層進みました。

清水p.24は、ヨーロッパでは「アルプス山脈が東西に横たわっていて,南方に逃れようとする植物の障壁となったため・・・温帯性植物の多くが絶滅した」。「現在のヨーロッパの植物相がたいへん貧弱なのはそのせいである」としています。

それに対して、東アジアや北米ではそのような障害がなかったため、東アジアと北米(特に東海岸地域)では隔離分布する多くの遺存種が見られるようになったとしています。

現在もブナ属、カエデ属、ニレ属、クルミ属などヨーロッパ、東アジア、北米の温帯域(夏緑樹林帯)に共通して出現する種がある一方、ヨーロッパでは化石でしか見つからず、現在は東アジアと北米(とくに海流の影響で気候のよく似た東海岸地域)に隔離分布する多くの種(東亜―北米要素という)が見られることとなった。(清水p.24)

なお、「ヨーロッパブナ、中国内陸部の主要なブナ、アメリカブナの美林は、伐採によってその大半が失われてしまったので、大伐採があったとはいえ、かろうじてブナの森の原生林のイメージが保存されているのは、日本のブナ林だけである」。(河野p.67)

参考資料

  • ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験 ― 北米アパラチア自然歩道を行く 単行本 – 2000/6
    ビル ブライソン(著), Bill Bryson(原著), 仙名 紀(翻訳)
  • A Walk in the Woods: Rediscovering America on the Appalachian Trail (Official Guides to the Appalachian Trail) Kindle版
    Bill Bryson (著)
  • 山本明正(2007)『細見谷渓畔林と十方山林道』自費出版、アマゾン Kindle版有り
  • 河野昭一(2002)「21世紀の地球はどこへ行くか、北半球における生物多様性の宝庫 ― ブナの森の行く末を占う ― 」,『細見谷と十方山林道』(2002年版)
  • 清水善和(2014)「日本列島における森林の成立過程と植生帯のとらえ方 ― 東アジアの視点から,『地域学研究 第27号 2014』

広島湾岸トレイル協議会発足一周年記念行事(TC1000、ティーシーセン)

広島湾岸トレイル協議会(24団体1,490人)は、発足一周年記念行事として、「トレイルウォーク&クリーンアップ1,000人大会(略称:TC1000、ティーシーセン)」を開催します。実施日は、広島県山の日(正式名称:ひろしま「山の日」)に合わせた今年2017年6月4日(日)です。なお、ひろしま「山の日」は、毎年6月の第一日曜日と定められています。

広島湾岸トレイルは、広島湾周辺の4市5町(広島市、呉市、江田島市、廿日市市、安芸郡海田町・府中町・坂町・熊野町及び山県郡北広島町)にまたがる里山・里海をつなぐロングトレイル(歩く山旅コース)として、2018年3月の正式オープンを目指しています。陸路全長は289.1kmにも及び、世界でも類を見ない大都市隣接周回型のロングトレイルとなっています。

TC1000(ティーシーセン)は、広島湾岸トレイル上の各地域会場で、一斉に歩いて清掃活動をしようとする企画です。広島湾岸トレイル協議会所属の24団体及びそのほかの企画協力団体が、それぞれコース上の持ち場を定め、会場数25箇所以上で合計1,000人参加(各会場平均40人ずつとした場合)を目標に準備を進めています。

具体的な各会場の場所、集合時間、あるいは一般参加可能かどうか、そしてそれぞれの会場ごとの作業内容などは、今後公式ホームページで順次発表されるものと思いますのでご注目ください。

広島湾岸トレイル協議会公式ホームページ>>お知らせ&イベント>>2017.2.5付け記事
http://hiroshima-wangantrail.jp

なお、TC1000(ティーシーセン)は、既に「ひろしま・さとやま未来博2017」(広島県主催)採択事業として採用されています。

同未来博2017について、広島県では「中山間地域の活性化を図るため、地域づくりの担い手の育成やネットワーク構築をめざし、多様な人材の実践活動を更に加速させるための起爆剤として、平成29年3月から11月までの9か月間にわたり、「ひろしま さとやま未来博2017」を開催します」としています。

注:当ページは、あくまでも個人ページ「Akimasa Net」です。ご理解ください。

広島湾岸トレイルを舞台にした国際ウルトラトレイルランニングレース構想(2019年5月実施予定)

広島湾岸トレイルのコースを走る「広島湾岸ウルトラトレイルランレース」(仮称)が、2019年5月の開催を目指して準備活動を始めています。先日その説明会が開かれ参加してきました。

2017年2月10日(金)18:00~19:30
広島西区民文化センター
定員60人、参加費無料
主催:一般社団法人ITADAKI(頂)

事前に配布された説明会チラシでは、説明会の趣旨について次のようにまとめています。

4市5町にまたがる陸路全長289.1km(広島コース129.5km 累積標高10,000m以上)の世界でも類を見ない都市隣接周回型の広島湾岸トレイルを舞台に、国際的なウルトラトレイルレース開催構想について説明会を開催します。国内でも多くの大会プロデュースに関わり、国際的に活躍するプロトレイルランナー奥宮俊祐氏も参加し、実際に湾岸トレイルコースを走った感想や、レース開催の目的、課題などについて説明します。(説明会チラシより)

当日説明会の内容について、主催者から、当Web作者の責任において公表することの了解を得ましたので、以下に書いておきます。

主催者:一般社団法人 頂 ITADAKI(広島市西区)

ITADAKI(頂)は、2016年9月23日(平成28)設立の一般社団法人(構成員4名)で、主にスポーツを通じて地域活性化を図ることを目的としています。

当日主催者側の参加者は以下3名の方々です。分かりやすい説明と、会場からの質問に誠実に答える姿勢に好感が持てました。

代表理事・豊饒光邦(ぶにゅう・みつくに)さん
理事・木原秋比古(きはら・あきひこ)さん
非常勤理事・奥宮俊祐(おくのみや・しゅんすけ)さん

ITADAKIは、トレイルランレース開催実現のために必要な全ての業務を行う、としています。具体的な内容については、HP top>>about(組織概要)参照。

ITADAKIが企画・運営するレースは、広島・山口のほか、高知、埼玉そして北海道にもあります。これには、奥宮さん(埼玉県在住)のご両親が高知・広島のご出身ということも関係しているようです。

プロトレイルランナー:奥宮俊祐(FunTrails代表)

奥宮俊祐(おくのみや・しゅんすけ)さんは、自分自身がプロのトレイルランナーとして、国内外の大会で活躍するだけでなく、中四国地区におけるレースのコース設計やエイド(救護・連絡拠点)アドバイスなど全面的にレースをプロデュースしています。また、上記の高知、埼玉そして北海道の大会では、FunTrails代表として大会そのものを主催しています。

広島湾岸トレイル(広島コース129.5km 累積標高10,000m以上)

通常のトレイルランは、距離約30㎞前後、参加人数500~1,000人規模で行われています。そして今、国際的には、距離100kmを越えるウルトラトレイルランに注目が集まっているようです。

日本初の100マイルトレイルランである「ウルトラトレイル・マウントフジ」(2012年初回開催、距離約165km、累積標高約7,500m)には、海外から40の国と地域の選手が約1,400人も参加しています。また、奥宮代表のFunTrailsが主催する「FTR100k Round 秩父&奥武蔵」(2015年初回開催)は、首都圏初のウルトラトレイルレースとして人気急上昇中です。

こうしたことを踏まえた上で、広島湾岸トレイル(広島コース129.5km)の魅力について、奥宮さんは自ら試走した感想を次のように語っています。

1)コース上でほぼ常に海を見ながら走ることができる楽しいコースである
2)低山の連続にもかかわらずアップダウンが激しく、累積標高一万メートルを超えるタフなコースである
3)都市隣接周回型で、エイド(救護・連絡拠点)が設置しやすいコースである

一般登山者や環境への配慮を

当日配布資料によると、「トレイルランニングとは、登山やハイキングに利用されるトレイル(山道)を走る欧米発祥のスポーツで、近年日本でも爆発的に人気が出ています」。「30代~40代の参加者が多く、女性の割合も増えてきています」とのことです。

大会開催に当たっては、一般ハイカーとのトラブルを防ぐこと、あるいは環境への負荷をできる限り少なくすることが求められます。

例えば、一般ハイカーを背後からいきなり追い抜いて、びっくりさせることのないようにしなければいけません。まずは一声掛けて、それから歩いて追い抜くことが大切です。

環境への配慮としては、大会前後で環境モニタリングを行い、大会開催の影響をチェックするとのことです。また、当日のランナーの心得としては、コース(登山道)を外れて草木の中を走ることのないよう気を付ける必要があります。

主催者としては、国定公園・特別天然記念物である「秋吉台カルスト」TRAILRUNの成功や、そのほかの事例でノウハウを得ているとして、意識の高いランナーのみをエントリーさせることについて自信を示した形になりました。

レース開催の意義と課題

トレイルランを開催することよる宿泊代などの経済効果は大きいようです。昔ながらの埋もれた古道を復活させる意義も忘れることはできません。しかしながら、大会を成功に導くためには、何と言っても地域住民や地権者あるいは行政機関や関連団体などとの調整が欠かせません。課題は山積しています。

奥宮さんによれば、今まで経験したことのない困難を伴うだろうとのことです。しかし、それを予感しつつ困難に立ち向かう強い意欲を示して当日の説明会は終了しました。

主催者側からは、「広島湾岸トレイルが主催する月2回の整備活動への積極的な参加を予定しています」と伺っています。今後、広島湾岸トレイルのコース上で共に活動することも多くなることでしょう。

参考:広島湾岸トレイルを歩く(Akimasa Net)

プライベートページですが、広島湾岸トレイルのコース状況に関する資料が豊富です。ご参考になさってください。

最後に、広島湾岸トレイルのコースを走る「広島湾岸ウルトラトレイルランレース」(仮称)の成功を心から祈念いたします。(参加人数3,000名を目指して!)

不具合記録

大潰山、山行記欠落

倉橋島火山268、カシミール展望図、1コマ欠落?