2015年02月15日

Akimasa Net
ひろしま百山(私の踏み跡)>> 広島湾岸トレイル >> 宮島弥山・岩船岳トップページ

広島大学宮島自然植物実験所~大江浦~大川浦手前、往復
(出発帰着:広島大学宮島自然植物実験所)

2015年02月15日(日)、宮島太郎の会・ボランティア(8回目)

  • 今日の山行ルート図 ⇒ GPS軌跡(2015年02月15日)無し
  • 大江浦手前、整備
    大江浦の向こうの小さな峠、整備

宮島太郎の会・ボランティア参加(宮島最西南端部の既設歩道の再整備状況)については、その都度まとめています。トピックスもからめた内容になっていますので、以下にて時系列でご覧いただければ幸いです。(2013年秋~2015年冬)

はじめに

宮島太郎の会(山本拓志・代表)による宮島最西南端部の既設歩道の探索と再整備計画は、いよいよ今年度(2015年3月末)中に完了の見通しが立ってきた。私も都度ボランティアで参加をしている。本日(日曜日)は山本代表その他私を含めて計3人での作業となった。

今後の予定では、3月中旬の土日を整備に当て、3月下旬には整備完了のお披露目が行われるそうである。ところが、3月は私は宮島に渡れそうにない。残念だが仕方ない。4月以降、機会をみてゆっくり歩いてみたいと思っている。

今日の概況

宮島桟橋7時30分集合、代表の車で、宮島西海岸の簡易舗装道を宮島自然植物実験所に向かう。植物実験所からは山道を徒歩で大江浦に向かう。今日は実験所からすぐに海岸部に入り浜を少し歩く。そして、室浜砲台跡の向こうの小さな峠に向けて山道に入る。

大江浦に至る道中は、先日の作業で必要に応じて草が刈ってある。今日は、大江浦に下る最後の峠付近から大江川に向けて、整備を行う。大江浦で昼食をとり、午後は、大江川の向こうの峠の前後をきれいに刈り込む。

GPS不調にてLOGなし。

宮島本発売(アマゾンKindle版)2018年1月17日刊

『孫と歩く~ユネスコ世界文化遺産の島・厳島~』

宮島のトピックス満載の本です。
過去の記録を基にして書き改めています。
したがって、事実関係そのほか全ての点において
本書の内容が優先いたします。