2003年01月18日

Akimasa Net
ひろしま百山(私の踏み跡)>> 広島湾岸トレイル >> 絵下山トップページ

天狗岩~せんこう分かれ~せんこう頭部
(出発:JR小屋浦駅―呉線、帰着:JR坂駅―呉線)

2003年01月18日(金)、単独

今日のコース&コースタイム

JR小屋浦9:40-西谷遊歩道尾標識9:55-西谷遊歩道入口9:58-第一ベンチ10:04-第二ベンチ(大岩)10:19、10:24-第三ベンチ10:28-第四ベンチ10:35-第五ベンチ(小ピーク)-第六ベンチ(308m)10:52-第七ベンチ11:00-第八ベンチ(小ピーク)11:03、11:10-天狗岩頂上11:13-12:43-せんこう頭部13:00、13:05-小ピーク13:15-大岩13:21-舗装道路13:31-JR坂14:00

  • JR小屋浦駅(18分)西谷遊歩道入口(30分)尾根(45分)天狗岩頂上
    小計1間33分
  • 天狗岩頂上(48分)天狗岩遊歩道登山口(29分)JR坂駅
    小計1時間17分
  • 総合計2時間50分(頂上での展望時間、1時間30分を除く)

注:標高その他は当時の情報によるもの有り

西谷遊歩道登山口

JR小屋浦駅(呉線)を降り、天地川沿いを北東に登る。どど-と後ろから大きな音がする。海から波が川に向かって打ち込んできた音である。海抜0m地帯からやがて道は急坂になる。そして、西谷(にしたに)遊歩道標識を左折すればすぐに登山口である。

登山口には坂町遊歩道マップが用意されている。それによれば、今から登るのが西谷遊歩道である。ここで、マップに書いてある所用時間、45分(コース紹介)、あるいは50分(地図上の表示)はいずれもあまりに早過ぎないだろうか。

西谷遊歩道を登る

登山口から、いきなり木製の階段である。かなりきつい。第一ベンチを越えると小鳥の鳴き声が聞こえてくる。樹間に天狗岩、絵下山が見える。第二ベンチの大岩から樹間を眺めると稜線上に灰ヶ峰が頭を出す。

第三ベンチで尾根に乗る。樹間に両側が見える。左には228.8m三角点へ至る踏み跡がついている。第四ベンチでは江田島、宮島、能美島、安芸小富士など。その北側は樹間にかすんでいる。一歩踏み出して岩場からは宇品の灯台が見えている。

やがて進む方角が大きく変わり樹間(64度)に天狗岩を見る。第五ベンチでは我が鈴ヶ峰方向が開けるがかすんで分からない。第六ベンチ(308mピーク)を過ぎた鞍部で小鳥の鳴き声。

第七ベンチでは、海側、尾根の左右とも樹間に見えるがかすんで展望不良。第八ベンチからは能美島、宮島、安芸小富士などが見える。

天狗岩からせんこう頭部へ下る

かなりかすんだ天気のなかを粘って展望図を描く。その後、ガイドブックにはない坂方面へ下る。坂町遊歩道マップによれば、天狗岩遊歩道として整備されているはずの道である。しかしあまり人気がないのであろうか。ススキが道を被っていたりする。

財布を忘れてEIKOにSOS。電車を待つ間も駅前のベンチは日が差して暖かい。小春日和である。

参考山行記

広島湾岸トレイル・モデル山行記