AKIMASA.NET >> 中国地方の山100選 >> 鈴ヶ峰 トップページ

2010年06月05日(土)、単独

画像の説明

鈴ヶ峰:
鈴ヶ峰~西峰(三角点)~鈴ヶ峰西端部、ミニ縦走:
JR新井口~憩いの森~鈴ヶ峰東峰~西峰(三角点)~佐伯区八幡東~ロード~JR新井口(出発帰着、自宅)

http://hyakuzan.akimasa21.net/fwd3/20100605SZG
(本ページの短縮URLです)

a:2035 t:1 y:1

2010年06月27日(日)最新

はじめに

今年7月に富士山に登ることになった。長男に声をかけられその気になった。しかし、最近諸般の事情で全く山に行っていない。トレーニングをしないと・・・というので、近場の鈴ヶ峰。

今日のコース&コースタイム

今日のコース

ほとんど生ログのままです。ただし、鈴ヶ峰東峰の登り(ジグ)はうまく反映していません。その他、現地にてご確認ください。(画面右上の+ボタンで大縮尺に変化します)

今日のコースタイム

出発(26分)憩いの森登山口(33分)鈴ヶ峰
 小計1時間03分(憩いの森4分を加える)
鈴ヶ峰(16分)西峰三角点(14分)205m(11分)第二鉄塔、高井分岐(17分)八幡東四丁目登山口(3分)八幡東4丁目信号
 小計1時間09分(三角点8分を加える、昼食34分を除く)
八幡東4丁目(41分)鈴峯電停近く(34分)帰着
 小計1時間15分
総計3時間46分
(鈴ヶ峰19分を加える、昼食34分を除く)

出発9:49-JR新井口9:57-憩いの森登山口10:15、10:19-第2堰堤10:28-(小さな沢)-右屈折点10:33、10:37-左屈折点10:43-右折10:45-右折(ぼけ地蔵)10:47-P5右折10:49-鈴ヶ峰東峰10:52、11:11-小コブ11:17-小コブ11:22-鈴ヶ峰西峰(三角点)11:27、11:35-美鈴が丘南分岐11:48-205m11:49、12:23-右に送電鉄塔12:30-第二鉄塔(右に高井分岐あり)12:34-第三鉄塔12:37-左分岐あり12:40-小コブ12:42-登山口(八幡東四丁目)12:51-車道(八幡東四丁目35番信号)12:54-八幡川13:05-八幡橋13:30-鈴峯電停近く13:35-帰着14:09

今日の山行はどうだった

画像の説明

久しぶりの山登り、ゆったりと行く、と言えば聞こえは良いが、ゆっくりとしか歩けない。途中で、大型の黄色の花、その派手な姿は外来種か?

山頂からの展望はあまり良くない。とは言うものの、東郷山の向かって左裾奥(阿弥陀山との間)に十方山を認める。海側では、倉橋火山がそれとなく分かる程度。

〈下写真〉鈴ヶ峰~鬼ヶ城山~柚木城山~大茶臼山~(丸山)~火山~武田山縦走路をみる。

画像の説明

大茶臼山の左裾奥に火山をみる。
柚木城山の左奥に武田山が頭をだす。
柚木城山の右奥は阿武山である。
鬼ヶ城山は柚木城山の左懐にすっぽりと入り込む。
なお、丸山が大茶臼山の真後ろに頭を出すかどうか(未確認)

鈴ヶ峰西鋒(三角点)を越えてなおも西へ行く。205mで昼食。眼下にはゴルフ場がある。プレーヤーの姿がはっきりと分かる。

鈴ヶ峰西端部から五日市町内を通り、極楽寺山に取りつこうかとも考えた。そして最後は、山向こうのアルカビレッジまで下って湯につかり、廿日市市街地まで無料バスで送ってもらおう。思いだけでそれを実行する気力がない。ロードでそのまま帰宅。

画像の説明

途中の西国街道(江戸時代の山陽道)で、「八幡橋」の来歴や

画像の説明

「餓鬼の首地蔵」(西国街道 いのくち歴史の散歩道、井口公民館)の案内板などを見る。いつの間にか、いろいろなことが整備されており楽しい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM