Akimasa Net >> 中国地方の山100選 >> 山行の小道具

参考資料

http://hyakuzan.akimasa21.net/fwd3/tosyo
(本ページの短縮URLです)

a:4054 t:2 y:0

「中国地方の山100選」中国新聞社(2005年)

若者であふれる山をめざして
(アマゾンレビュー、akimasa21、2005/9/6、一部改変)

中国新聞社の登山ガイドブックは、2005年(平成17年)に入り「中国地方の山100選」として装い新たに登場した。近年の高速道路網(そしてコンビニエンス・ストア)の発達によって、登山者の行動範囲は大いに広がっている。この本によって、中国地方の多様な山の魅力に、より多くの人々が接する機会が増えるであろう。

かつて山には若者があふれていた。中国新聞社の初めての登山ガイドブック「リュックかついで-広島の山歩き-」(絶版)が発売されたのは、今から25年前の 1980年(昭和55年秋)のことである。当時の「山屋-ヤマヤ」の雰囲気を色濃く残した記述もあり、今読み返してみても楽しい本となっている。

その後に続いた「ふるさとの山歩き-広島県と周辺の山々-」(正・続)の2冊セット(絶版)では、”家族で楽しめるルート”として、広島県を中心に近県の主な山を紹介している。この2冊を元に、広島の山に限定してまとめ直したのが、「ひろしま百山」1998年(平成10年刊、絶版)だった。そしてこの本は、今でも”中高年登山者のバイブル的存在”となっている。

若者からファミリーそして中高年と、シリーズ新版が出るたびに対象年齢が押し上げられている。年齢を重ねていくある特定の年代層(団塊の世代前後)に合わせて、本の内容(ルートの難易度など)が変わってきたといえるだろう。

もう一度、若者たちであふれる山を取り戻せないだろうか。この新版片手に、元気な中高年が息子(娘)や孫といっしょに山に行く機会が増えるならば、こんなに楽しいことはないだろう。(アマゾンレビューはここまで)

中国新聞社の登山ガイドブック

中国新聞社の登山ガイドブックが初めて発売されたのは、1980年(昭和55年秋)のことである。最初の本である「リュックかついで-広島の山歩き-」は、新聞連載記事をまとめたもので、(昭和)53年6月7日付の(中国新聞)朝刊レジャー面で一歩を踏みだした(あとがきの”おわりに”より)。

今読み返してみると、「山屋-ヤマヤ」の雰囲気を色濃く残した記述もあり、楽しい本となっている。 その後に続いた「ふるさとの山歩き-広島県と周辺の山々-」1992年(平成4年)、「続・ふるさとの山歩き-広島県と周辺の山々-」1994年(平成6年)のセットでは、”家族で楽しめるルート”として、広島県を中心に近県の主な山を紹介している。

これも新聞に掲載された記事をまとめたものである。平成2年6月1日付の中国新聞朝刊「くらし」面でスタート(毎週金曜日掲載)して、平成6年5月までの200回を超す記事を、前半(平成4年)と後半(平成6年)に分けて刊行した。

「ひろしま百山」1998年(平成10年)は、「ふるさとの山歩き」二冊セットを元に、広島の山に限定してまとめ直したものである。当Webでもそのリストに沿って山名を整理している。

なお、これまでのシリーズのすべてにわたって、広島県山岳連盟が大いに協力をしている。「ふるさとの山歩き」セットでは、監修:広島県山岳連盟、「ひろしま百山」では、著者:広島県山岳連盟となっている。

2005年に入り、中国新聞社の登山ガイドブックは、「中国地方の山100選」として、装い新たに登場した。中国地方五県の各山岳連盟・協会が、それぞれの県分として20座づつ紹介するスタイル(書き下ろし)をとっている。

”山の選定には、山容の品格、個性的な魅力のある山、地理的、生態的、文化的な特徴を観点として厳選”したという。近年の高速道路網の発達によって、人々の行動範囲は大いに広がっている。この本によって、中国地方の多様な山の魅力に、より多くの人々が接する機会が増えるであろう。

なお、今まで刊行のものは、シリーズ新版が出るたびに、旧版はその都度絶版となっている。したがって、「ひろしま百山」も今では絶版である。

私の本棚

powered by HAIK 7.0.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK