2007年11月10日

Akimasa Net >> 中国地方の山100選 >> 三段峡

2007年11月10日(土)、EIKO
猿飛・二段滝、三段滝
(出発帰着、水梨駐車場)

http://hyakuzan.akimasa21.net/fwd3/20071110SND
(本ページの短縮URLです)

a:1748 t:1 y:0

はじめに

2007年11月10日(土)、EIKO
三段峡周遊
(猿飛・二段滝、三段滝)

EIKOの要望で三段峡ハイク。車を三段峡正面(旧・JR三段峡駅前広場)手前に入れる(駐車料金400円)。三段峡は初めてである。さてどうしたらよいのか。地図をみれば、二段滝や三段滝が目に付く。そこまで歩くのもいいがバスがあるようだ。ということで、水梨駐車場までバス(片道一人700円)を利用する。

今日のコースタイム:
水梨駐車場(6分)葭ヶ原(25分)猿飛・二段滝遊覧船船着場(35分)三段滝(22分)葭ヶ原(5分)水梨駐車場
総合計1時間39分
(葭ヶ原1分、三段滝5分加える、遊覧35分、葭ヶ原昼食21分除く)

水梨駐車場11:40-葭ヶ原(よしがはら)11:46、11:47-分岐左下直進(猿飛、二段滝方面、右上三段滝方面)11:50-分岐直進(右うしろ、三段滝方面)11:59-船着場上(右山道・恐羅漢山方面)12:12-遊覧船(猿飛、二段滝)-船着場12:47-(引き返す)-分岐左上直進(三段滝方面、右下直進葭ヶ原方面)12:57-分岐左直進(三段滝方面、右うしろ葭ヶ原方面)13:06-三段滝13:22、13:27-分岐左下直進(右上二段滝近道)13:42-分岐直進(右うしろ二段滝方面)13:47-葭ヶ原13:49、14:10-水梨駐車場14:15

三段峡正面を出発したバスは、国道191号を益田方面に向う。途中、深入山を右に見てしばらく行き、左折して山道に入り水梨駐車場に着く。

水梨駐車場から、地図(概念図)を見ながら、適当に西に向けて歩く。まずは、葭ヶ原から横川川左岸を猿飛・二段滝渡船に向う。遊歩道は簡易舗装道で、適度な勾配はあるものの歩きやすい。船着場に下りる手前には、右上に恐羅漢山方面への踏み跡が付いている。いつか歩いてみることにしよう。

船着場でしばらく待ち、いよいよ船に乗る。猿飛、二段滝の間には頭上にロープが渡してあり、船頭さんがそれをたぐって船を操る。船上から猿飛を見上げれば、断崖の上に幅1.5mくらいの空間がある。成る程、これならば猿が飛ぶことができそうである。

二段滝手前の河原で一旦船から上がる。二段滝は、しばらく前の洪水で上部が壊れたため、二段ではなくて一段になっている。写真を何枚かとり、船着場に適当に並んで迎えの船に乗る。

船着場に帰り着くと、船を待つ人で長蛇の列。これより三段滝に向う。葭ヶ原手前に小尾根越えの小道があり、尾根を越えると柴木川右岸の遊歩道に合流する。遊歩道を北にさかのぼり三段滝に至る。展望所その他から滝の写真をとる。

水梨駐車場まで引き返す。そこから三段峡正面まで下る気力なし。再びバスに乗って出発地点に戻る。これならば最初から水梨駐車場に車を置けばよかったものを。何も知らないものだからしょうがない。

紅葉はまっさかりなのだろうか。黄葉が多くて赤が少ないようにも見える。それでも、久々の二人そろってのお出かけで満足。