2005年02月27日

AKIMASA.NET >> 中国地方の山100選 >> 窓ヶ山

2005年02月27日(日)、単独
窓ヶ山:
窓ヶ山(東コース~西コース)
(出発帰着、上河内運動広場近く)

http://hyakuzan.akimasa21.net/fwd3/20050227MDY
(本ページの短縮URLです)

a:1948 t:2 y:1

はじめに

2005年02月27日(日)、単独
窓ヶ山、東コース~西コース
(出発帰着、上河内運動広場近く)

窓ヶ山の東コースを登る。沢ぞいは多少荒れていたが、それ程の苦労もなく尾根に取り付く。後はひたすら登るだけである。ただし、予想していなかった雪が登山口から残っており慎重に行動をした。

展望はまずまず。今までよりも細部にわたって観察することができた。詳細なカシミール展望図を作り直す必要があるだろう(このあと絵下山、宮島と大物が続き、完成は遅れ気味)。

週半ばから少し体調をくずして土曜日の外出を控えた。今日の日曜日は足慣らしのつもりででかける。

今日のコースタイム:
上河内運動広場近く(17分)新しい橋の先、川床(16分)水晶谷(46分)岩場(15分)東峰展望園地
 小計1時間34分
西峰移動、21分
西峰(41分)登山口(4分)上河内運動広場近く
 小計45分
総合計2時間40分
 (東峰休憩1時間13分、西峰休憩1時間10分を除く)

上河内運動広場近く8:46-案内板8:48-西コース分岐8:50-川床9:03-堰堤9:06-沢の中9:13-ナメラ滝9:15-水晶谷二俣9:19-休憩9:26、9:29-左分岐あり9:33-少し平9:37-左分岐あり9:52-平9:55-岩場(分岐)10:05-沼田分岐10:09-展望岩場10:10、10:12-窓ヶ山東峰三差路10:19-東峰展望園地10:20、11:33-窓ヶ山(西峰)11:54、13:04-頂上まで100m13:11-頂上まで300m13:18-頂上まで500m13:22-少し平坦13:30-頂上まで1000m13:34-頂上まで1200m13:37-ベンチ13:40-登山口13:45-案内板13:47-上河内運動広場近く13:49

山を見上げると何となく白い感じがする。もやではないだろう。もしかしたら雪が残っているのかもしれない。予想通り最初から雪を踏み慎重に行動する。

案内板から舗装道路を上る。沢にそって基本的には右岸を行く。時々高巻くこともあるが、沢から離れることはない。足を滑らせないように気をつけて進むと、やがて、水晶谷二俣につく。

ここから中尾根に取り付く。樹林の中にしっかりした道がついている。何の細工もしてなくて気持ちが良い。やがて稜線部につく。とたんに雪が多くなる。人も多くなる。やはり日曜日の人出は違うようだ。

東峰で十分展望を楽しんだ後、西峰(三角点)に移動する。雪が深く移動には少し時間がかかった。写真をたのまれてシャッターを押す。下山は西コースから。下るにつれて雪は完全に消えていた。