2003年05月10日

Akimasa Net
ひろしま百山(私の踏み跡)>> 大潰山

大潰山、林道~傍示峠
(出発帰着:大佐スキー場)

2003年05月10日(土)、単独

はじめに

2003年05月10日(土)、単独
大潰山(出発帰着、大佐スキー場)

ちょっと夜更かしをして寝過ごした。予定していた山(長時間歩行)には行けそうにない。手軽に登れそうで花が見頃という大潰山に変更する。

大佐スキー場10:30-登山口11:14-大潰山頂上11:52、13:02-大佐スキー場13:38

今日のコースタイム:
大佐スキー場(44分)登山口(38分)大潰山(林道経由)
大潰山(36分)大佐スキー場(傍示山経由)
総合計1時間58分

芽吹きの季節である。所々にある針葉樹の濃い緑からうすい緑まで、様々な色調の緑で全山が萌えている。登山口までのんびりと林道を歩く。登山道には階段等の人工物はなにもなく柔らかな大地の感触が楽しめる。

晴天少し汗をかく。人出も多く山頂は完全なオーバーユース。思い思いに樹木の中に分け行って弁当を開いている。このままの状態が続けば、いずれ山頂は丸裸になるかもしれない。

帰りは傍示山に向けてミニ縦走を楽しむ。南面のこちらの方が花の数は多そうである。それとも南に面しているので開花が早いのだろうか。多少ブッシュぎみながら気持ちのよい山道である。満開までにはあと少しといったところであった。

ミツバツツジの雄しべは10本。足元には黄色、うす紫色の小さな花。スミレの仲間がかわいい。